スタンダードな塗料の種類

低価格なアクリル塗料。お手頃価格なウレタン塗料。人気があるシリコン塗料。高品質ならフッ素塗料。

アクリル

現在、一般的に利用されている塗料の中では歴史の古い塗料です。
アクリル系合成樹脂を主成分にしており、はっきりした発色で、軽量なのが特徴です。
価格がかなり安いものの、耐久年数が3年から8年程度と持ちが良くないので、外壁の塗り替え用途で使われることは少ないです。塗膜にクラックができやすい欠点があります。

ウレタン

アクリル塗料のデメリットを解消すべくして開発された塗料です。
主成分はウレタン樹脂で、少し前まではアクリル塗料に代わる主流塗料でした。
性能と価格のバランスがよく、雨樋など細部塗装に向いています。
耐久年数は5年から10年で、アクリル塗料より長持ちです。
防汚性や耐水性に優れていますが、変色しやすい塗料です。

シリコン

現在の外壁塗装で使われている主流塗料です。
シリコン樹脂を主成分にしており、耐久年数は12年から15年とアクリル塗料やウレタン塗料よりも長持ちします。
コーティングで雨や泥をはじくことができ、防汚性にも優れています。
耐水性能も高く、カラーバリエーションも豊富です。
耐久性や機能性とコストの観点から言えば、一番バランスの取れた塗料です。

フッ素

耐候性や、耐熱・耐寒性に富んでおり、不燃性などを備えた多機能な塗料です。主成分はフッ素樹脂で、他の樹脂塗料と比べ、格段に高い性能を持っています。
耐久性にも優れ、15年以上も持ちます。
防汚性の高いコーティングがされるため、長く美観を保っていることができます。
しかし家庭での外壁塗装では、価格の高さがネックとなり、普及していません。

次世代塗料として注目のラジカル塗料

2015年度の販売後から、急激に人気を伸ばしてきたのがラジカル塗料です。樹脂系塗料の中でも、コストと機能のバランスが取れたシリコン塗料を抑え、2016年度外壁塗装での使用塗料1位になりました。
ラジカル塗料は塗料で最高品質とされるフッ素系塗料に近い性能を持っています。防汚性、耐久性にも優れているのですが、価格はシリコン塗料とあまり変わりません。

シリコン塗料以上のコストパフォーマンスと性能を持つ塗料です。しかし、新しく発売されたばかりの塗料のため、まだラジカル塗料を扱っている塗装会社が全体的に少ない状況です。
ラジカル塗料を検討する場合には、取り扱っている塗装会社にしっかりと相談しましょう。

外壁の見た目を綺麗にする方法

色を選ぶ時は特徴に気をつけよう

色の選び方

面積効果に気をつけよう

外壁塗装で、色を選ぶときには注意が必要です。照明の色やや効果、面積効果で見え方が異なるため、実際に塗装するとイメージに合わないケースも多くあるのです。サンプル画像の小さな枠に塗られた色は、実際に広い壁に塗ると色が薄く見えます。
そのため、サンプルで選ぶ場合は、考えている色よりも暗い色、濃い色で選ぶと良いでしょう。
室内の照明と、太陽光での色の見え方の違いもネックになります。実際にサンプルの色を壁に当てる、太陽光の下で色をみるなどして確認しましょう。インターネットなどでのイメージエディターを利用する場合にも面積効果や室内の照明、背景色で見え方が変わるので色選びには注意してください。

色の特徴を把握しよう

外壁は常に汚れリスクに晒されています。雨や風、太陽熱による被害、塩・砂・土ホコリ・排気ガスによる汚れ、苔、カビ、サビなど多くのリスクがあります。

そんな避けることができない汚れ・劣化対策にも色選びは有効です。汚れや色あせの目立たない色を選ぶことで、見た目の劣化を抑えることができます。
またコーティングによって、色あせや汚れを防ぐこともできます。

汚れが目立つカラー

モノトーン

外壁は雨風に晒されているため、埃や砂、海の近くなら塩混じりの白っぽい汚れが付着します。そのため、黒を外壁にすると、汚れが目立ちます。
また、白を選んだ場合は、土汚れなどが目立ってしまいます。モノトーンを外壁に使う場合には、防汚性の高いコーティングや退色防止効果が高い塗料を使うことがオススメです。

レッド/ブルー

原色に近い強い色は、汚れや退色でくすみやすい色です。色あせや、くすみで家が実際よりも古く見えてしまいます。ビビッドトーンのレッドで外壁を塗装したのに、数年後にはくすんだローズピンクに変わっている恐れもあります。とくに、赤や紫などは紫外線の影響で退色しやすいので気をつけましょう。原色よりも、明るい中間色寄りで選ぶと無難です。

グレー

街に増えているグレーの外壁は、ホコリや排ガス汚れが目立ちにくいことでも人気があります。頻繁に掃除しなくてもあまり汚れてみえません。退色が目立たないので、外観への影響が少ないというメリットもあります。またグレーの外壁はクールな印象を演出します。街を歩いていても多くの家がグレーで外壁塗装をしているので、悪目立ちせずに街の景観に溶け込むことができるでしょう。

アイボリー/ベージュ

アイボリーやベージュも中間色で、土汚れや苔などが目立ちにくい色です。多くの家で取り入れられている色合いで、協調性が感じられます。上品で穏やかな印象を演出できる人気カラーです。一色でも、ブラウンなどとのツートンカラーでもオシャレですし、昨今ではサイディングで柄の入ったデザインを選ぶ人も多くいます。