これがモルタル外壁リフォームのサイン!

家の外壁には、地震等による振動や屋根・雪等による圧力が長期間蓄積されていくことによって、クラック(ヒビ割れ)が起きます。放っておくと、その部分に水が入ることで塗装や資材の剥離が起きる恐れがあります。

また、表層樹脂が劣化し、塗料の中の顔料が粉になって出てくるチョーキングと言われる症状や、外壁のコーティング・防水層の劣化で起きる色あせ、苔の発生等にも対処が必要です。防水性能や断熱効果が低くなっている恐れがあるため、これらの症状を見つけたら、早めに外壁の補修を行ないましょう。

外壁の種類
必要なメンテナンスの内容
メンテナンス時期

モルタル

・塗装剥離の補修
・ヘアクラックの補修
・シーリング・コーキングの劣化
・チョーキング

8年~10年

サイディング(窯業系)

・塗装剥離の補修
・ヘアクラックの補修
・シーリング・コーキングの劣化
・チョーキング

7年~10年

サイディング(金属系)

・塗装剥離の補修
・ヘアクラックの補修
・シーリング・コーキングの劣化
・チョーキング
・防カビ

10年~15年

ACLボード

・ヘアクラック
・塗装剥離の補修
・シーリング・コーキングの補修

8年~10年

外壁の耐久年数やメンテナンスの推奨時期は、壁材や塗料の質、立地条件などによっても異なります。
塗装なら、塗膜のヘアクラックや色あせ、チョーキングなどの様子からも判断ができます。
モルタル壁の場合は、5年程度を目安にコーキングの点検を行なっておくと良いでしょう。

サイディングの場合には、もう少し短いスパンでの点検が必要です。3年から5年程度を目安に、つなぎ目に入っているシーリングを点検補修すれば壁材の劣化被害を抑えることができます。

モルタル外壁劣化の解決方法

復活させよう、モルタル外壁。

モルタルをそのままにしておくパターン

コーキング交換

壁材と雨戸やサッシとのつなぎ目は劣化しやすく、クラックや水漏れが起こりやすい部分です。コーキングは、パネル同士のつなぎ目があるサイディングの工事と思われがちです。
しかしモルタル壁でも、この部分の劣化を修復するコーキング交換を行なうことが必要なのです。

コーキング交換は、30~45坪の2階建て住宅なら平均30万円前後の費用がかかります。外壁全部を塗り替え補修すると結構な金額がかかりますが、このように、つなぎ目部分の劣化を補修する方法もあります。コーキングが劣化すると壁材が傷みやすくなるため、早めに対策しましょう。

塗り替え工事

チョーキングや、塗膜のヘアクラック修復なら、塗り替え工事で、塗装とコーティングをやり直すことで対応ができます。
塗り替えでは、表面の汚れを洗浄して下地塗りと上塗りを行ないます。
汚れやすくなってきたり、色あせてきたりしている場合にも、塗り替え工事であれば、比較的安めの施工費用で済みます。

塗り替えの際に、弾性アクリル塗料などでクラックを補修することもあります。
アクリル塗料やウレタン塗料、フッ素塗料など、使用できる塗料には様々な種類があります。
それぞれ補修する場所に合わせて、適切な塗料を選ぶと長持ちします。

工事費用相場

コーキング工事の場合
総額30万円になるコーキング工事費の内訳

コーキング材の劣化によりひび割れなどが起きると、防水効果を十分に発揮することができず、壁材の寿命にも影響します。足場を作らずに補修できれば、2~5万円程度の比較的安価な費用で済みます。

塗り替え工事の場合
総額95万円になる塗装工事費の内訳

一般的な外壁塗装を行なう場合、費用目安はシリコン塗料で95万円程度になります。しかし塗料によって費用は変わります。フッ素塗料の場合では140万円から250万円程度になることもあるため、価格と耐久年数から塗料を選びましょう。

モルタル外壁をサイディング仕様にするパターン

重ね張り工事

モルタル壁からサイディング仕様に変えたい場合には2通りの方法があります。そのうちの一つが重ね張り工事です。
現在のモルタル壁をそのままに、上からサイディングのパネルなどを貼っていきます。廃材が少なく、比較的工事が簡単です。

既存の壁にそのまま貼るので、劣化や腐食がないかなどを先に調査し、修復しておくことが必要になります。
また、壁の強度とともに、重量が増すため、事前の構造上のチェックを行なったうえで、軽い金属サイディングなどが多く用いられます。サイディング材の費用がかかるので、外壁塗装よりも少し高めの費用になります。

張り替え工事

2つめの方法は、張り替え工事です。
この方法では、壁材を剥がしてサイディングを行ないます。
下地になっている部分や鉄筋の腐食具合を確認し補修できるので、老朽化した建物の補修にも向いています。

しかし、一度モルタル壁を剥がして行なうため、補修と壁塗りの下地作りをやり直すことになります。
その後にサイディングや塗料での防水補強をするので、工事費用は高くなります。また、工事費用に剥がした壁の廃材撤去の費用が含まれるのかどうか、相談時に確認が必要です。複数会社で見積り依頼してみると良いでしょう。

工事費用相場

コーキング工事の場合
総額130万円~200万円になるコーキング工事費の内訳

壁の重量が増すため、サイディング材はアルミ等の軽い金属になります。
耐震性と外部からの音を遮音する性能が上がります。

塗り替え工事の場合
総額180万円~300万円になる塗装工事費の内訳

張り替え工事でモルタル壁を窯業系サイディングにする費用の目安です。既存の壁の中の見えていなかった部分を確認・補修したうえでサイディングを施すため、時間とお金がかかります。ですが、根本から補修するので家の寿命を延ばすことができます。

塗料とカラー選びでメンテナンス数削減